22年度のトレセン練習が早くも始まりました。
この時期、行事が重なり参加メンバーも半分以下。。
まぁ仕方ないんだけどねぇ~。
 
トレセン活動は決して多いわけでなく少ない練習のなかで
子供たちに何を伝えるのか・・・
個人としてのレベルはそこそこ、あると仮定して練習メニューを決める
事にしよう。
今回のテーマは、「視野の確保、ボールポゼッション」
子供達にそれを伝え、指導者もそれを言い聞かせながら指導に当たる。
案の定、トラップの質、パスの質共に言いたい事ばかり。。。
そこは我慢して、今回のテーマに重点を置き、子供たちに意識させる事にしました。
 
そう、サッカーは頭を使うものです。自然と体が動く判断できるって事は
最初から出来るものではありません。
普段からテーマを意識をしながら練習、試合を行っていく事に身につく物だと考えています。
 
だから、今日は体の向き、寄る事でのサポート。そこを徹底しました。
子供たちに声掛ける内容も
パスコースは、ボールの持っていないプレーヤーが動く事により作り、
パスを出すプレーヤーは選択肢が増える事を意識させる。パスコースの数。
そこに重点を置き声を掛けたつもりです。
 
う~ん、上手く子供達には伝わったかなぁ~
次回の練習まで、意識しながら、覚えている子供は何人だろうか。。。。