昨日、地区トレセンの選考会がありました。
2010年度の新5.6年生が対象になります。
私もスタッフなので選考する側です。
長い一日になります。
 
選考スタッフに今回は3種のトレセンコーチも一緒に参加してくれます。
4種スタッフとしても、非常にありがたいです。
今年は、3種、4種の交流をしていく予定です。子供はもちろん、スタッフ間の
意見交換等、積極的に働き掛けるとの事です。少しでも、選手、指導者の質が
上がる事を期待します。
 
午前中は新5年生、午後が新6年生が対象になります。
参加人数は各学年でざっと、80名弱
20~30名程度まで絞る予定です。
 
主にスモールゲームを中心とした4対4or5対5を行い8対8を行って行きます。
目的としてボールを触るチャンスをたくさん与えてチャレンジしてもらう事で
指導者としても評価しやすいのではないかと。。
 
様々な選手がいました。トラップ、パス、シュート、それぞれ得意、不得意があり、
足が速い子、遅いけどドリブルコースを見つけかわしていく子等、いろんな場面で
たくさんの判断をする選手達。。
ところが、全体的に顔をあげずプレーする子が多い。つまり、パスをする場面なのか?
ドリブルする場面なのか?状況判断が出来てない事が非常に多く、狭いスペースで
しかプレーしない。
 
途中、選手達を集めて話をする。
ドリブルorパスなのか?パスをするなら、味方へする。
顔を上げる意識をする。
そんなテーマを与えて、再度、スモールゲーム。
 
コーチが声かけをしながら子供たちも意識をするようになり、
徐々に、コートも広く使えるようになり、8対8になると、即席メンバーでも
そこそこ、攻撃の組み立て、崩し方が出来るようになっていました。
 
ただ、新6年生に関しては非常にボールタッチが悪く、動きながらのトラップがあまりできてなく、
かなり、今年は苦労するんではないでしょうか。。
 
昨年入っていたメンバーも半分は外れています。逆に新規で入ってきたメンバーもいます。
今回、外れてしまったメンバーは、外れたからダメだと思わないでください。
がっかりするでしょうし、悔しいと思います。でも、逆に選ばれたメンバーより、これから伸びる可能性が
大きいと思ってください。伸びる為の努力は必要ですが
 
トレセンに入ったメンバーは選ばれた事に自信は持ってほしいです。ただ、遊びで来てもらっては困ります。
良い緊張感と、競争心を持ってトレセン活動に参加をお願いしたいです。かなり厳しいです
ちなみに、チームでやってきたポジションはGK以外はあまり関係ないと思います。
その選手の機能(自信)が発揮できるポジションを見つけれればなと。。
 
どちらにせよ、トレセンでの練習は時間が限られています。いかに、短時間の間に子供達に
理解をさせて意識させるか。。。。
テーマを持った練習メニューを思案中です。。。
 
やる気のない選手は残念ながら、外れてもらいます。 あしからず