2015年10月

先日行われたNIFS杯予選から1位で抜けた我がチーム。今日が決勝トーナメント。。。初タイトルのチャンスです。
さて、オープンキャンパス(核融合研究所施設の一般見学会)に合わせて行われているのでまずは、開会式終了後、見学会です。子供達は試合よりも施設見学がメインみたいな雰囲気?!(^^;
イメージ 1

私は、保護者さん子供達の見学中は荷物番でチームベンチで待機(;´∀`)

さて、 子供達も見学から戻り早々に準備を開始。
アップ前の準備をして、アップ終了後にミーティング。。
ポジションも決めてもらい、テーマの確認。
私も、長々と話さずに確認だけ伝えて試合開始。。。
イメージ 2

試合開始から、微妙なスタート。
そうそう、GKが授業参観で不在なので5年生のY君に以前の練習からの流れでなりました。

さて、試合内容は中盤が持っても出し処がないのか、前線の枚数が足りません。どうやら、1トップの感じで中盤に3枚の様です。やっぱり、攻撃的にしないとつらいかな。。。そこで、2トップに変更。。。
少しずつ、高い位置でボールが奪える様になりました。
今月のテーマである、キープドリブル。。。時間を作るそして簡単に奪われないドリブル。。。
上手くいく部分は少ないけれど、チャレンジはしているのかな。。。
そんなんで、右サイドからのボールを奪った、R君。小さい体ながらも体を張って、トラップ。スピードを落とさずゴール前へ向かうドリブルで入るなかで、ファールをもらった。結構派手な転び方したが。。。
ペナルティーぎりぎりのところでフリーキックのチャンス。。
距離的には良い距離です。。。さて、フリーキックをするのは、キャプテンR君かと思っていたら、右サイドT君。
丁度、ベンチからもコースが見えましたが、思っていた以上に、浮きもせず、ストレートのボールで左隅に先制点。。。前半終了。。。
さて、後半は、復帰戦の6年生H君。。体力的にもまだまだ不安であるが、右サイドバック。。そして、5年生のK君を入れる。。。
相手にもかなりチャンスがあったものの、こちらの攻撃の展開も、悪くなくK君から上手な時間を作ったドリブルから上手く展開。。。決めきれない物の、良いプレーが見れました。惜しいコーナーからのヘディングシュートもありましたが。。。さて、いつもならキャプテンのR君が目立つのですが、上手くボールが収まらない事が多い。。。その分なのか、他の選手が動いてくれて何とか、1-0で勝利。

そんなで、決勝戦ですが。GKのS君も合流。。。
まずは、ミーティングです。
イメージ 3

イメージ 4

そしてアップ
イメージ 5

そんなんで決勝戦。。。
序盤から相手の浮き球攻撃。。。
しかし、味方のキープ力を信じて走り込む姿。3人目の動きからチャンスを作るも、ちょっとしたトラップミスでチャンスを失う。。。
しかしながら、セットプレーからのボールがほとんど奪えない。。触れない状況。。。
相手の方がかなりの確率で浮き球を拾っている。。。コーナーもかなりやられたが、何とかしのぐ感じ。。。
後半も、同じ状況。。。
それでも、数少ないが、崩しての展開がちらほら。。。が、決めきれない。。。
でも、その中でも、浮き球に対して吸収トラップをする子も居てちょっと驚きでした。。。
そんなんで、最後のコーナーも決めきれず終了。。。
PKです。まったく今年のAチームはPK多いです。

どうやら後攻です。あまり好きではないですが。。。
もちろん、子供達で順番も決めてます(;´∀`)
キッチリ決める、フェイント助走で決める、GKがセーブ、復帰戦だったがはずす、惜しくもクロスバーではずす。。そんなで、5人目、相手が決めて。。。。Kた君(以前は外したが)今回はプレッシャーの中、クロスバーに当たったがゴール。
そしてサドンデス。。。6人目はYや君。。GKが弾いたもののゴール。。。
7人目、相手が外し最大のチャンス。。。Yと君。。非常落ち着いている様な感じで、焦らずにコースへキッチリ。。
なんとかですが勝利しました。。初タイトルとなります。
今は時間を上手く作るドリブルを意識してやっています。そして奪われない事。。その中で、味方が動ける時間を作る。。その意識は出てきたと思います。まだまだですが少しずつ確実にやっていきましょう。
そして、コーチング。。。良い方向に向いている様な気がします。。。
そしてなにより、復帰したHき君が来て揃った事が嬉しい事です。さて、残りの時間を全力で駆け抜けて下さい。。

イメージ 6






全日地区予選が終了しました。今季からリーグ戦で数ヶ月で行ってきたわけで。。。。スケジュール的には何とかやって来た感じですが。。さて、チームとしては結果から言えば県大会出場ならずでした。。。まぁ~これが、全てでは無いですし、過程に過ぎないですが。。。もちろん、どの試合も過程ですけど。せっかくなら、一年の中で後半に向けて、子供達が力を付けてくれれば良いのかなと、イコールチームとしての総合力が出れば言う事無いですがね。。
さて、全日最終節。前節までの振り返りを私なりに行ない、子供達に今の気持ちと考えをと伝えました。全てでは無いですがね。うまく伝わっているかは別として、子供達主導の下で最終節は行いました。
ある意味、自分が改めて、子供達を別目線で見る事(うまく伝えれませんが)を意識しました。加点方式で。。
会場入り後、やはりミーティングからすんなりと行い始めている。当たり前の様にやっているけど、取り組んできてるからこそ、できる事なのかなと。。。アップも見ながら、試合を観ている様な状態で特別指示も出さず、子供達にお任せ。試合に入る前に、先程、書いた子供達に伝える事はして、ポジションを聞き、メンバー表を作成。
そんな感じで試合を行いました。

試合内容は、相手の上手さもありましたが、練習のテーマであるキープの部分がうまくプレーしている事、コーチングも、良く声が出てきた事、そして、崩しの部分ではスルーパス、連動もあって、得点を挙げる場面も沢山あり。ディフェンスでは、状況判断が良くできていたのでは。。。オフサイドを仕掛ける事も出来ていましたし。。全てが完ぺきではないですし、納得出来ない事もありますが、そこは別としても、良い形で最終節が終えれたんじゃないでしょうか。
テーマに沿いながら今後も練習を行い、子供達でゲームを作っていく。。私を含めて、全員で取り組んで行きたいと改めて思いました。チーム一丸ってとこでしょうか。。Fマッチでも、練習成果が出ている子供も居ましたし、その評価というか、その事はちゃんと伝えて行きたいと思います。
入院でチーム離脱していたH君も久々に合流して、復帰までは若干時間が掛かるのかもしれませんが、私を含めチーム全員で信頼関係を築き上げながら、卒業記念まで駆け抜けたいと改めて思いました。困難な事はあるものの、次の年代に繋がる様に個人のレベルを上げれる様に様々な事を取り組みたいと思います。

もちろん、来年のAチームの構想も練らないとな。。来週はU10の大会に行って、スカウティングに行って来ます。。。忙しいですが、これまた楽しみです。

いずれにせよ、子供達から学ことは、たくさんありますね。。。

イメージ 1




更新をサボっていました。。。
自分なりに自問自答する事も有り。。。
豊スタ、清水遠征、全日予選の試合内容はどれも、納得いくものではありませんでした。
もちろん、子供達へ指導してきた自分の責任でもあります。今まで試合結果だけが良く、そこに甘んじているのは分かっているものの、つい結果にこだわってしまう自分もいるわけで。。。難しいものです。
ただ、サッカーをするわけではなく、そして楽しければ何でもよいのかでもなく。。うまくなれば良いのかでもなく。。。
何に重点を置くのか。。。当然、モチベーションを上げる声かけをしなければならないものの、どうしてもイメージと違う違和感を覚えると、焦りすら感じる。。。さて、どうしたものか。。。
すぐに、結果が出るわけでもないのだが、テーマをもって練習をする。そして、それを活かす。それが、上手く活かせれるように助言をするのだが、それが過度になり過ぎてプレーの限定すらしてしまうコーチング。。。
試合が終わる度に反省する事もしばしば。。。とりあえず結果がついているからと。。そんな自分に腹が立つ時もあり、後悔することばかり。。。
それでも、試合を繰り返す中で足りない物を重点にテーマを決めて練習する事は変わらないのかな。。。
そこに、何か変化が欲しい。。。そんな繰り返しだが、全日の試合を観てかなり凹んでいます。。。
自分自身の指導が間違っているのかなと。。。ボトムアップも自分なりの取組に中途半端。。トップダウンになる事もかなりある。。。指導のヒント探しに様々な情報を入れてみたりもするが。。。
さて、どうするか。。

そんな時は、初心ですかね。。そこからの目線で取り組むことで新たな発見があるかもしれません。遅いと感じる方もいるかもしれませんが。。。これも、何かを気づかせる為のタイミングなのかもしれません。
もちろん、試合を無難にこなすつもりはありませんが、子供達が将来活躍する事が最大の目的です。もちろん、サッカーだけでなく様々な場面での活躍です。

チームのスローガンである「未来への勝利」を頭に叩きいれて、自分なりのリセットを行ないます。
より子供達との信頼関係と距離を縮めて取り組まないと。。。
ここまでが自分なりの心境です。
子供達はどんな事を思っているのだろう。。サッカーノートが来た時に書いてくれていると有難いですね。。。
イメージ 1

さて、来週が全日予選最終節。。特別な試合というわけでもなく普段通りに試合に臨めれば良いのかな(;´∀`)





↑このページのトップヘ