2010年03月

22年度のトレセン練習が早くも始まりました。
この時期、行事が重なり参加メンバーも半分以下。。
まぁ仕方ないんだけどねぇ~。
 
トレセン活動は決して多いわけでなく少ない練習のなかで
子供たちに何を伝えるのか・・・
個人としてのレベルはそこそこ、あると仮定して練習メニューを決める
事にしよう。
今回のテーマは、「視野の確保、ボールポゼッション」
子供達にそれを伝え、指導者もそれを言い聞かせながら指導に当たる。
案の定、トラップの質、パスの質共に言いたい事ばかり。。。
そこは我慢して、今回のテーマに重点を置き、子供たちに意識させる事にしました。
 
そう、サッカーは頭を使うものです。自然と体が動く判断できるって事は
最初から出来るものではありません。
普段からテーマを意識をしながら練習、試合を行っていく事に身につく物だと考えています。
 
だから、今日は体の向き、寄る事でのサポート。そこを徹底しました。
子供たちに声掛ける内容も
パスコースは、ボールの持っていないプレーヤーが動く事により作り、
パスを出すプレーヤーは選択肢が増える事を意識させる。パスコースの数。
そこに重点を置き声を掛けたつもりです。
 
う~ん、上手く子供達には伝わったかなぁ~
次回の練習まで、意識しながら、覚えている子供は何人だろうか。。。。
 
 
 

昨日、地区トレセンの選考会がありました。
2010年度の新5.6年生が対象になります。
私もスタッフなので選考する側です。
長い一日になります。
 
選考スタッフに今回は3種のトレセンコーチも一緒に参加してくれます。
4種スタッフとしても、非常にありがたいです。
今年は、3種、4種の交流をしていく予定です。子供はもちろん、スタッフ間の
意見交換等、積極的に働き掛けるとの事です。少しでも、選手、指導者の質が
上がる事を期待します。
 
午前中は新5年生、午後が新6年生が対象になります。
参加人数は各学年でざっと、80名弱
20~30名程度まで絞る予定です。
 
主にスモールゲームを中心とした4対4or5対5を行い8対8を行って行きます。
目的としてボールを触るチャンスをたくさん与えてチャレンジしてもらう事で
指導者としても評価しやすいのではないかと。。
 
様々な選手がいました。トラップ、パス、シュート、それぞれ得意、不得意があり、
足が速い子、遅いけどドリブルコースを見つけかわしていく子等、いろんな場面で
たくさんの判断をする選手達。。
ところが、全体的に顔をあげずプレーする子が多い。つまり、パスをする場面なのか?
ドリブルする場面なのか?状況判断が出来てない事が非常に多く、狭いスペースで
しかプレーしない。
 
途中、選手達を集めて話をする。
ドリブルorパスなのか?パスをするなら、味方へする。
顔を上げる意識をする。
そんなテーマを与えて、再度、スモールゲーム。
 
コーチが声かけをしながら子供たちも意識をするようになり、
徐々に、コートも広く使えるようになり、8対8になると、即席メンバーでも
そこそこ、攻撃の組み立て、崩し方が出来るようになっていました。
 
ただ、新6年生に関しては非常にボールタッチが悪く、動きながらのトラップがあまりできてなく、
かなり、今年は苦労するんではないでしょうか。。
 
昨年入っていたメンバーも半分は外れています。逆に新規で入ってきたメンバーもいます。
今回、外れてしまったメンバーは、外れたからダメだと思わないでください。
がっかりするでしょうし、悔しいと思います。でも、逆に選ばれたメンバーより、これから伸びる可能性が
大きいと思ってください。伸びる為の努力は必要ですが
 
トレセンに入ったメンバーは選ばれた事に自信は持ってほしいです。ただ、遊びで来てもらっては困ります。
良い緊張感と、競争心を持ってトレセン活動に参加をお願いしたいです。かなり厳しいです
ちなみに、チームでやってきたポジションはGK以外はあまり関係ないと思います。
その選手の機能(自信)が発揮できるポジションを見つけれればなと。。
 
どちらにせよ、トレセンでの練習は時間が限られています。いかに、短時間の間に子供達に
理解をさせて意識させるか。。。。
テーマを持った練習メニューを思案中です。。。
 
やる気のない選手は残念ながら、外れてもらいます。 あしからず
 
 
 
 
 
 
 
 

少し早いですが、昨日、ボルティスの卒団式がありました。
午前中は、グランドで親子サッカーで、午後よりお店で食事、卒団式という流れです。

朝から、大雨。。。。こりゃ~親子サッカーは無理か?
ギリギリの時間まで待ちましたがやはり無理と判断。。残念。。次回に延期ということで。

さて、合わせるかのように午後から晴れてきて、会場へ足を運ぶ。。
行ってびっくり!人数が多い。。子供と大人合わせて80人弱。
チーム発足3年目にして子供たちの人数が増えました。皆様に感謝です。

そんなんで、食事が始まる。
今年は2名の卒団生。良く我慢して、チームを引っ張ってきたと思います。そんな2人に自分の(宝物?)持っている有名選手の直筆サイン入りグッズを渡そうと思っています。
今までの大会パネル、賞状、楯、トロフィーなども並べて卒団式の始まり。。。

5年生の父兄さんが中心となり段取り、司会を行ってもらいました。
まずは定番の6年生からの挨拶。
僕の予想とは反してちゃんと自分の言葉で皆様に挨拶をしてくれました。
普段のイメージとは違う話す内容に驚きと、成長したんだと感じました。
涙を流しながらも、今までの感謝の気持ちが伝わりました。
また、5年生からも、送る言葉として1名ずつ話してくれました。これまた、思ったのとは違う自分たちの言葉で伝えてくれた事に嬉しさを感じてしまい。。僕もじ~ンとなりそんな雰囲気で卒団式が進みました。
2人に渡す、父兄さんが作ってくれたパネルもかなり
立派な物で、羨ましいなぁ~。

そんなんで、卒団式も無事終わりました。今回、卒団式を段取りしてくださった父兄の皆様、本当に感謝します。今までの経験した卒団式の中で全く味わったことない良い式だったと思います。
来年はどんなん??

こうして、振り返ると、彼ら2人には本当に感謝しています。正直、もう1年いてほしいくらいです。
彼らのサッカーに対する姿勢、技術、人柄が、Aチームを動かしてきたんだと。
僕ら指導者も、教えられることも多々。。

2人には頑張ってもらいたいです。
ただし、自分だけの力では何もできません。必ず周りの人間が助けています。
周りが助けてくれるかも、本人達の努力です。努力を忘れず、周りに感謝し、このチームで過ごした経験を忘れず、(忘れたら、グッズは返して下さいっ!)目標に向かって下さい。

君らのサッカー人生に自分がかかわれた事に誇りを持っています。


さて、新チームに頭の中を切り替えますか~。。。

↑このページのトップヘ