2008年11月

先日の土曜、日曜とU10大会(アクロスカップ)がおこなわれました。
この年代には珍しく、久々の11人制の試合にどんな感じになるのか・・・。

初日は、授業参観の絡みもあり、昼からの組み合わせになりました。
いつも、出だしの悪い我がチームは、やはり、相手のスピードに合わせてのプレーが目立つ。。。。
めちゃめちゃは悪くないんだけど、なんだかパッとしないまま1試合目が終了。。一応勝ちましたけど。

2試合目は、勝てる試合を勝てずにまさかの負け。。。

3試合目、おそらくこのグループでは一番力を持っているチームと試合。
前半、スルーパスが出るもゴールの崩し方を練習していない我がチームは、なかなかゴールを割ることもできない。逆に、崩されることもそんなに無くボールの支配率としては、ややこちらかなと。。。前半終了。相手はバックが1枚下がっているから、よっぽどオフサイドにならない。そこを狙えばチャンスがあると。。。ただ、バックがとにかくデカイのよ。やっぱりちょっと1対1になると、逃げてしまうメンバー。。。ドリブルで抜けない。。そんな事で攻撃重視になっていた。。攻守の切り替えが遅れた隙を、相手に押し込まれた感じで失点。。その後も、ゴール前には持って行くも崩せない。結局負け。

あ~、、、ゴール前の崩し方、練習しないとなぁ~。。。2日目に続く。。

天気が悪い中、午前中の大会のお手伝いを終えて、市内他のU10とFマッチを行いました。
グランドは悪く、中止かと思うぐらいの中、始まりました。
最近、4年生、3年生は試合が毎週続いて、結構色んな経験を短時間の間でした数ヶ月。
6年生相手や、同学年など・・・芝やグランドで色々。。。

そんな中、来週のアクロスCUP(U10大会)に向けてのFマッチ。。。
3試合連続で行いました。(内容はまずまず)
先日の試合の反省点を個々に紙に書いてもらい、失敗をしたら、成功するためにはどうしたら良いのか?
子供達は色んな事を書いてきました。
性格は出ているものの、よく自分の弱点を分かっているみたいで(指導者が言うからかも?)今日のFマッチは、その反省点を気にしながら個々がプレーしていた感じでした。
練習試合・・・・そう、練習なのです!チャレンジしてなんぼ!勝敗の為のプレー(クリアーなど)は必要無し!!!失敗を繰り返して、果敢に挑戦。でも、ただ、挑戦するだけでなく、どうして失敗したのか?どうしたら成功するのか?それを子供達に書いてもらう。そして、またチャレンジする。正解は一つじゃない。全部正解かもしれない。個々の子供達の答えが正解と言っても良いかもしれない。今の子供達には、ただ、がむしゃらにサッカーするんじゃなく、少し頭を使ってもらう。それを、繰り返せば、きっともっと、新しい、発見や自信、楽しみが見つかるんじゃないかなと・・・・。子供達はきっと、試合が終わる度に、書くのは面倒かもしれない。でも、指導者もそれを読み、子供達の特徴を掴めれば良いかなと。。。
な~んて、考えています。でも、せっかくやるなら、色んなことしないとねっ(・∀・)♪+.゚
そうそう、今日のFマッチは我がチームの特徴がよ~くアピールできていたと思います◎!!

↑このページのトップヘ